LALとは

LAL、

それは生きた化石カブトガニに流れる青い血。

この世界で最も古い血。


二億年以上前から変わらないこの血のお陰で、

現代医療は飛躍的進歩を遂げている。


カブトガニは気の遠くなる歳月、

この血を守り、この血に守られ、生きてきた。


私はこの「穢れなき青い血」に、

不器用だけど力強いプライドのようなものを感じる。


太古の息吹を感じる贈り物。

時代が目まぐるしく変化する中、

変わらずブレない心。


だから私は、これから新たな挑戦の活動拠点となるこの場所に、

「LAL」という名前をつけた。


ブレない、

穢れない心を信じて。


朴璐美